製作所沿革

  • HOME »
  • 製作所沿革
明治35年 創業者 中村英一(ナカムラ エイイチ)により、神田表神保町4番地において時計部品製造開始
明治45年 金、白金等の時計変形側(日本初)製造、服部時計店に納入
大正6年 ニエルドシルバー透明七宝側製造
大正12年 関東大震災により、大塚窪町に工場移転
昭和5年 服部時計店の依頼にて、フランス•ウール社型時計製造
昭和11年 ダイヤルゲージ、万歩メーター、キルビメーター製造開始
昭和12年 服部時計店のラジオ製造
昭和14年 大塚窪町より、現本社所在地に移転。ダイヤルゲージを海軍航空機追浜工場、国鉄技研及び工場に納入
昭和18年 ダイヤルゲージ優秀にて、東條英樹首相、島田海軍大将より、表彰並びに賞金を戴く
昭和20年 戦災にて工場を長野県上田市に疎開
ダイヤルゲージ、キャリパー、レンズゲージを製造
昭和26年 個人経営を株式会社に組織がえする
長野県上田市より現本社所在地に移転、時計及びカメラ部品製造
昭和31年 時計部品生産拡大に伴い、ダイヤルゲージ製造中止
株式会社シチズン時計(田無工場)光機課 レンズ、シャッター用セルフタイマー(内蔵式)部品加工及び組立
株式会社シチズン時計(淀橋工場) エスケープメント(脱進機)全部品加工
ウォッチ部品、受板、石入、彫刻、メッキ、ニス入、アンクル、ガンギ車等加工
昭和38年  株式会社リコー 自動撮影機構の巻き上げ部全加工組立、完成品にて納品
昭和40年  株式会社精工舎 親子時計(停電防止付き)組立
昭和42年 茨城県岩井市に工場増設
株式会社精工舎の時計、カメラ、計算機部品製造
株式会社ミツトヨの測定機部品を製造開始
昭和43年  株式会社シチズン時計 河口湖精密 東芝向け減速機を組立納品
昭和45年  株式会社大沢商会 シアーズ向け、シチズン商事向けドラム式(内照付き)置き時計組立納品
昭和50年  中村時(ナカムラ トキ)代表者に就任する
昭和59年 ビデオカメラ並びに35ミリカメラ(全自動)のモーター用マイクロギヤヘッド(Φ14〜16)の製造開始
昭和63年 ハンディ•カム用マイクロギヤヘッド(Φ12)の部品製造
平成5年 Φ20、22ギヤヘッド製造開始
平成28年 現社長、中村竜太郎(ナカムラ リュウタロウ)代表者に就任する
能率工場化運動開始
設備資金融資制度導入
平成29年 小規模事業者持続化補助金認定いただく
能率工場化運動により、前年度比1.5倍の能率化を達成
特キ部設立
HP開始、“世界で一番気安い町工場”プロジェクト開始

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社 中村製作所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.