未分類

モジュール0.8以下のストックギヤの製造

真鍮の平ギヤの切削風景
真鍮の平ギヤの切削風景

なんだか日本の市場には、モジュール0.8以下のストックギヤが存在しないようなので、ちょっとずつ作ることにしました。
モジュールは0.8から0.1刻み、転位なしの標準歯車として、穴径はφ2.0㎜くらいが妥当でしょうか。
穴径と厚さのニーズの中心が不明なので、教えて欲しいです。

とりあえず樹脂物のBtoCの会社に勤めている友人の意見を参考に、単価は最終的に600円くらいで真鍮を想定しています。
何千何万と加工すれば、二桁代前半から一桁台後半まで単価が下がる切削歯車ではありますが…
加工冶具と刃物が揃っている弊社でさえ、やはり材料を仕入れて歯車材を旋盤で作って歯切り盤に掛けて…となると、製造とそれに掛かる段取り替えの人件費で、一つの何でもない歯車を作るのに、最低でも3万円くらいの原価が掛かってしまします。10個なら@3100円で、100個なら310円、みたいな感じです。1000個くらいからこなれた価格になりますが、歯車に一個100円は高いと思っています。
人件費恐ろしや、、

以前ラジコンヘリマニアの方向けに、一点物を10000円で受けてみたことは有りますが、その時は土曜日に自分一人で全加工しましたw端材を使って歯車材を汎用旋盤で作って、手リーマですw

とは言え、玩具のギヤボックスをバラシてる。みたいな話を聞くと悲しい気持ちになります。
ニーズが分かると動きやすいので、お気軽にお申し付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + two =